Be Active!

行動する医療人たれ。

医歩リーダーとは何でしょうか。

医歩リーダーは、
地域の場で、医療人の役割と使命を持って、
そこで暮らす人たちと協働し、
地域の健康づくりに取り組むリーダーとなる人です。

医歩リーダーは医歩の知識を伝えるに留まりません。
医歩をとおして地域の場に出て、
地域の人に働きかけ、地域の健康づくりを担っていく、
行動する医療人です。
医歩は医療者が地域の場で行動するための手段であり方法です。

地域に医歩リーダーがひとりいることで、
そこから健康の輪が広がっていく。
医歩リーダーがハブとなり、人やもの、ことがつながっていく。
きっとそこにはこれからの時代の、新たな医療人の姿があります。

講座をとおしてたくさんの医歩なかま(Buddy)が生まれ、
地域の場でさまざまな一歩が踏み出されることを願っています。
ぜひ、あなたもその一歩を踏み出してください。
多くの医歩なかま(Buddy)が待っています。

いろいろな地域の場で医歩リーダーが動き始めています。

Be Creative!

表現できる医療人たれ。

医歩リーダー講座とは何ですか。

医歩リーダー講座は医療職の方を対象として、医歩の基本となる知識を学び指導する技術を得て、地域で実践できる方法を身につけていく講座です。医歩を単なる知識や技術に留めず実践できるものとしていく、知行合一であることが特徴です。

医歩の講座〝3つ〟の目標

医歩の基本となる
知識
を身につける

医歩を指導する
技術
を身につける

医歩を地域で実践する
方法
を身につける

講座はどんな仕組みですか。

医歩の講座は序:身につける破:かたちにする急:実践する、の3つのステップを踏んで学びを深めていきます。

医歩リーダー講座カリキュラム

[序]
身につける

医歩の「基本となる知識」と「指導する技術」を身につけていきます。「基本となる知識」では筋肉量と健康の関係について学びを深め、運動と栄養の2つの側面から筋肉に働きかける方法を具体的にあたっていきます。「指導する技術」では医歩ウォークを経験し、指導するポイントや評価について実践に則して考え方や技術を身につけていきます。

[序]身につける

[序]身につける3つのステップ
講義は【知識】【事例】【実技】の3つのステップで学んでいきます。【知識】【事例】はeラーニングとZoomライブでのオンライン講義が中心となります。【実技】は対面でのリアルな講義とZoomライブでのオンライン講義の両方を予定しています。

【SCHEDULE】
開催日:2021年6月20日(日)
・時間:6時間
・開催方式:ハイブリッド(リアルとオンライン)
リアル:東京都港区青山 オンライン:zoom
事前学習:いつでもeラーニング(医歩の学校)

[破]
かたちにする

身につけるで学んだ知識や得た技術に手足をつけて実践できるかたちにしていきます。少人数のチームをつくり、チームで考える、チームで発想することをしながら、具体的なかたちになるまで仕上げていきます。各チームには医歩リーダーがチューターとしてアシストします。

[破]かたちにする

[破]かたちにする3つのステップ
講義は【発想】【深める】【かたち】の3つのステップで学んでいきます。いずれのステップもZoomライブでのオンライン講義とチームでのZoom会議が中心となります。また、医歩リーダーが行なっている地域での活動の実際を現地見学したり、Zoomライブで参加したりなどの体験講義も随時行います。

【SCHEDULE】
・開催日:2021年7月11日(日)、8月11日(日)、9月5日(日)いずれも午前(この他に平日の夜にも予定しています)
・時間:5.5時間〜
・開催方式:オンライン(zoom)
・事前学習:いつでもeラーニング(医歩の学校)

[急]
実践する

かたちにするで学んだ内容に具体性を加えていきます。チームのメンバーと医歩リーダーのチューターが一体となって、考え、議論を深め、実習の場での確かめを繰り返しながら、それぞれに問題を共有し、最後のステップである実戦に結びつけていきます。

[急]実践する

[急]実戦する3つのステップ
講義は【確かめ】【共有】【実戦】の3つのステップで学んでいきます。【確かめ】【共有】はZoomライブでのオンライン講義とチームでのZoom会議が中心となります。【実戦】は医歩のイベント(1DAY 医歩)の現地で行います。

【SCHEDULE】
・開催日:2021年9月5日(日)午前、10月10日(日)終日
・時間:1時間〜、終日
・開催方式:ハイブリッド(リアルとオンライン)
・リアル:千葉県松戸市(予定) オンライン:zoom
・事前学習:いつでもeラーニング(医歩の学校)

【展】支える

[展]
支える

医歩リーダー講座の最終的な目標は医歩リーダーとして認定された医療者が、各々の地域で医歩リーダーとして活動することです。[展]支えるは地域の場での医歩リーダーの活動を講座終了後も継続して支援する仕組みです。

医歩リーダーバンク

あなたが活躍できる場があります。
医歩リーダーバンクは医歩リーダー講座を受講して医歩リーダの資格を有した医療者を医歩リーダーバンクの人材として登録する仕組みです。医歩の開催などに関する幅広いリクエストに対して適材適所のマッチングを行います。医歩は地域の場のさまざまな取り組みに自在にフィットしたり、組み合わせたりすることができます。医歩リーダーが医療専門職であることは大きな安心と信頼につながります。市区町村などの自治体、各種の団体、自治会やサロンなどの市民の集まりなど、幅広いフィールドが活躍の舞台です。

医歩なかま(Buddy)

あなたを支えるなかまがいます。
医歩なかま(Buddy)システムは、医歩リーダーが他の医歩リーダーを支える共助の仕組みです。オンラインの医歩なかま(Buddy)システムのプラットフォームを利用します。地域で医歩を開催するときにスタッフが足りない、開催のプランでアイデアが欲しい、開催の場で経験を積みたいなど、医歩リーダーとして直面する悩みや困りごとを解決したり、開催情報や各種のデータを共有したり、交流で横のつながりを促進したりなど、医歩リーダーのあれやこれやに医歩なかま(Buddy)が応えてくれます。

医歩クラウド

あなたの一歩をあと押しします。
医歩クラウドは医歩リーダー講座を受講したいと希望する医療者を支援する仕組みです。日本にはライフイベントなどの事情で臨床の場から遠ざかり、現場経験の空白や知識、技術の遅れなどから職場への復職を断念したり、今のライフスタイルにあった働き方が見つからなかったりする医療者が数多くいます。医療という専門性を活かしたいのに活かすことができない。わたしたちはこうした一時的に職を離れた医療者を医歩リーダーとして迎え入れたいと考えました。受講費の一部をクラウドファンディングで広く社会に資金の拠出を求めることで受講費の一部として補填し、そうした人たちの受講を支援します。

いろいろな地域の場で医歩リーダーが動き始めています。

医歩リーダー講座 概要

  • 日時/期間
    2021年6月20日から2021年10月10日まで
医歩リーダー講座スケジュール
  • 場所/手段
    【実習】一般社団法人 ソーシャルユニバーシティ
    〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-26 住友不動産青山ビル 西館4階
    【実地】
    千葉県八千代市周辺(団地)
    千葉県松戸市周辺(団地および商業施設)
    【学習】
    eラーニングおよびZoom
  • 対象/人数
    医療職20名
    ※うち5名は現場を離れた医療職枠(下のクラウドファンディング をご覧ください)
  • 費用
    50,000円
    ※実習、実地、学習を含む全てのカリキュラムおよび医歩開催グッズ一式(テキスト、医歩8ヶ条、Tシャツ、のぼり など)が含まれます。
    ※現場を離れた医療職枠はクラウドファンディングにより費用の一部として3万円が補填されます。受講費用は2万円となります。(下のクラウドファンディング をご覧ください)
  • 主催:一般社団法人 みんなが みんなで 健康になる
  • 共催:一般社団法人 ソーシャルユニバーシティ
  • 申込方法:以下の内容をご確認の上一般社団法人ソーシャルユニバーシティ(SULS)のサイトよりお申込みください。

現場を離れた医療職の方の受講費の一部を
クラウドファンディング で充当します。

志があるにもかかわらず受講費がネックとなり受講をあきらめたり、
躊躇したりしている現場を離れた医療者を対象に、
クラウドファンディング で受講費の一部を充当します。

  • 受講費用「5万円」のうち「3万円」をクラウドファンディング の資金で充当し、残りの「2万円」を受講者の負担とします。
  • 定員20名のうちの「5名」を現場を離れた医療者の受講者枠とします(1開催につき現場を離れた医療者枠5名)。
  • 現場を離れた医療者の受講者枠を希望する方は2021年5月31日(月)18:00までに申請をしてください(下の「お申し込み&申請はこちらから(SULSのサイトに移行します)」から)。定員を上回った場合は事務局で公正に審査をし受講者を決定し、6月1日(火)13:00までにメールにて通知します。

クラウドファンディング はこちらから
>> ライフイベントで現場を離れた医療者が地域で活躍する支援-2021

申し込み手順